厳選 厳選

日本人の驚くべき長寿と写真の価値:世界に冠たる日本人女性の平均寿命と、写真が記録する家族の絆の軌跡

写真は、家族の一瞬一瞬の思い出を映すものです。これまで写真を撮ってきたものや、これからも撮っていくものがあるでしょう。
日本人の平均寿命は延びており、厚生労働省の「簡易生命表」によると、2020年時点で男性の平均寿命は81.64歳、女性は87.74歳でした。諸外国と比べると日本人女性が世界1位であり、日本人男性が世界2位の平均寿命です。また、平均寿命は今後も延びることが予想されています。
現在40代であれば、折り返し地点にもなるため、家族との思い出写真をどうやって残すか考えることもあるのではないでしょうか。
本記事では、家族との思い出写真を残す方法や、オンライン上に残すメリットについてご紹介します。

写真を残す方法とは

現在ある写真は、さまざまな状態で保管されていると思います。例えば、現像された昔の写真やデジカメなどで撮った写真、スマホカメラで撮影した写真データなどがあるでしょう。しかし、日々の生活や仕事などで、中々整理ができず、そのままの状態になっている人も多いです。現在ある写真を自分や家族のために残すには、どのような方法があるのかを見ていきましょう。

スマホに保存する

スマホカメラで撮影した写真は、撮影した日付や時間別に保存されているため、いつ何をしたのかもわかるようになります。そのため、写真をスマホに保存したままにすることも多いでしょう。ただし、スマホに保存する場合、スマホが壊れた場合や紛失した場合にデータをすべて失う可能性もあります。また、スマホのデータ容量を圧迫するため、他のアプリなどのインストールができないこともあるため注意が必要です。

パソコンに保存する

写真のデータ管理をパソコンで行っている人がいるでしょう。パソコンの場合、保存できるデータ容量が大きいため、デジカメやスマホカメラで撮影した写真データをファイル管理する方法です。
ただし、パソコンに保存する場合、パソコンが壊れた場合にデータがなくなる可能性があります、また、スマホと異なり見たい時に写真を見ることができず、パソコンを開かなければ見られないため不便さがあります。

アプリを活用する

写真のデータをスマホに入れたアプリに保存する方法があります。アプリに保存することで、スマホにデータが残らないため、スマホのデータ容量を気にする必要がなく、また見たいときに見ることもできます。
ただし、アプリによっては、サービスが終了して使えなくなることがあります。利用者数が多いアプリではサービスが終了する可能性は少ないですが、利用者数が少なければサービスが終了する可能性があるため注意が必要です。

オンラインストレージサービスを活用する

オンラインストレージサービスは、ネットワーク上に設置されたストレージ、つまり保管場所にログインして、ファイルの保存や削除、閲覧などの管理ができます。オンライン上に写真データを保存できるため、インターネットが接続できる場所であれば、写真データを見たいときに見ることができ、またスマホやパソコンの容量を圧迫しない利点もあります。
ただし、アプリと同様にサービスが終了して使えなくなる可能性は考えられます。そのため利用者数が多いオンラインストレージサービスを活用すると良いでしょう。

サラスを活用する

オンライン相続支援サービス「サラス」を活用する方法があります。「サラス」は、終活の始め方や相続に関する情報などを家族で共有できるサービスです。サービスの中で、スマホなどにある写真や思い出を「サラス」に保存しておく機能もあります。
主なサービスとして、「相続対策の提案書作成」や「エンディングノート」の作成、「データ共有」は完全無料となっており、「財産目録」の作成は基本料が無料、「遺言書作成サービス」は月額500円での利用となります。家族との写真データも「サラス」に保存しておくことができるため活用すると良いです。

データを印刷する

写真をデータとして保存する方法だけではなく、写真として印刷している人も多いでしょう。写真をアルバムに入れておけば、見たいときに見ることができます。
ただし、写真データを印刷するには、残す写真と捨てる写真を選択するなどしっかりとした管理を前提としています。もし現在ある写真データをすべて印刷するとなったら膨大な費用と時間がかかってしまうためです。
写真は、月日を重ねることで量が増えるため、同様に写真を保存するアルバムの数も増えてしまいます。家の保管スペースを圧迫することにもなるため、データを印刷して保存するとしたら費用とスペースの問題を含めて検討する必要があります。

写真集を作成する

写真データを印刷してアルバムに保存する場合、保管スペースの問題があるため、印刷したい写真を選択して写真集にする方法があります。写真集であればアルバムよりもスペースを取ることがありません。写真集にしてくれる業者に掲載したい写真を選択してオリジナルの写真集を作成できます。
ただし、掲載する写真を選定するには、写真データをまとめておく必要があります。もし写真管理ができていなければ、残す写真と捨てる写真そして掲載する写真をそれぞれまとめる必要があるため、日頃から整理しておくと良いでしょう。

オンライン上に残すメリット

写真を印刷する方法やスマホなどにデータを残す方法の他、オンライン上にデータを残す方法も紹介してきました。クラウドサービスや「サラス」といったオンライン上にデータを残すことで、スマホやパソコンの破損、データ容量の問題、さらには写真の保存スペースや費用といった問題もなくなります。
また、オンライン上に写真データを残しておけば、見たいときに見ることができ、今後撮影する写真データの保存も可能です。家族の思い出写真を残す方法としてオンライン上に残すことをおすすめします。

まとめ

現在はスマホがあるため、いつでも家族の写真を撮ることができるため、見返してみると多くの写真を撮ってきたことがわかります。もし家族で写真を見たいとなった時に、スマホやパソコンに保存されていると気軽に見ることができません。そこでオンライン上に写真データを保存することで、アクセスすれば気軽に見ることができます。
とくにオンライン相続支援サービス「サラス」は、家族の思い出写真の保存や、エンディングノート、相続に関することも共有できるため、おすすめのサービスとなります。

* @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package saras */ ?>