厳選 厳選

生命保険を上手に活用すれば相続税は劇的に削減できる!驚きの理由とは一体何か?相続対策の決め手を大公開

生命保険を相続対策するメリットとは 

生命保険を相続対策するメリットは、相続税法上の優遇を受けるためです。生命保険における死亡保険金は相続財産には含まれません。なぜなら死亡保険金は加入していた保険の内容に基づいて受取人自身が受け取るものだからです。そのため、遺産分割協議の対象とはならずに、相続財産とは見なされないのが一般的です。 

※死亡保険金とは・・・死亡保険のついた生命保険に加入指定している被保険者が死亡したとき、受取人に支給されるお金のこと 

しかしながら、相続財産とはみなされないものの法律上は「みなし相続財産」として課税対象となります。必要な対策を取らないと多額の税金をかけられる可能性があります。だからこそ、きちんと相続対策をしておくべきで、対策をすることにより相続税法上の優遇を受けることが可能となります。 

具体的な対策方法としては 

それでは、具体的な対策方法としてどのようなものがあるでしょうか。一番良いのは、受取人の指定をうまく税金がかからないように工夫することです。 例えば、相続人一人当たりの非課税額は500万円です。そのため、死亡保険金を含めた金額が500万円を超えないようにすることで、相続税法上の優遇を受けられます。 また、配偶者を受取人に指定することも一つのやり方です。配偶者は「配偶者の税額軽減」制度を理由にできるため、他の方を受取人に指定するよりも税金面で優遇を受けやすいです。 

※相続税の配偶者の税額軽減制度とは・・・配偶者が相続した資産のうち1億6,000万円まで、もしくは配偶者の法定相続分までであれば、相続税が課税されない制度のこと 

生命保険は相続財産には含まれず遺産分割協議の対象にもなりませんが、法律上は「みなし相続財産」として扱われ、相続税の対象となるため受取人を的確に指名することで対策を取っていきましょう。 

対策をするにあたって便利なツール「サラス」の紹介 

上で述べたように生命保険は税金面で相続税の対象となるため、損をしないようしっかりとした対策が必要です。誰を受取人に指定すれば、税金面で優遇を受けながらバランス良く他の相続人に遺産を相続させることができるのか。それは全体を見ながら、相続対象資産の配分を上手に行う必要があります。 
今回はそれを行うのに便利なツール「サラス」の紹介をしたいと思います。 「サラス」のサービスを使えばわずかな空き時間でもきちんとした対策が行えて法的効力のある契約書も作成することができます。手軽にかつ万全な対策を行いたい人には必須のアイテムです。
ではそのやり方を順番に紹介していきます。
まずは一番最初に財産目録から保険資産を登録します。 

そして次に保険資産を登録して財産目録トップ画面から全体の割合を確認しましょう。必要であればPDFでダウンロードも可能です。 

最後に診断結果のページから相続人への相続割合や仮に今資産を相続した場合の相続額を確認しましょう。 ここからどの資産をどのように相続させるのが一番良いか案を練ることができます。

また自分だけで行うのが不安な場合は専門家に相談しても良いかもしれません。

相談したい場合は、「サラス」のプラン一覧のページから相続対策に詳しい専門家を探すことができます。相談だけであれば無料で受け付けているところもあるので、まずは気軽に相談のお申し込みをしてみても良いかもしれません。死亡保険金のついた生命保険は相続するとなると決して少ない額ではないと思います。生前きちんと対策をして万全の終活を行いましょう。 

* @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package saras */ ?>