厳選 厳選

後悔しないためにも!不動産の相続対策を早期から始めるべき理由と、具体的な対策方法をご紹介します。

皆様は所有している資産に対して、相続対策をどのくらい進めておりますでしょうか。
例えば資産としては現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などがあります。一口に資産と言っても様々です。しかしこれらの資産を持っていたとしても、それぞれにきちんとした相続対策をされている方は多くいないのではないでしょうか。いつか対策をしようと思って後回しになっている方も多いはずです。もしそうであれば、早速今日から相続対策を始めることを考えましょう。なぜなら生前のきちんとした相続対策が円滑な相続へとつながるからです。特に資産の中には相続対策をきちんとしておかないと相続後トラブルに発展する可能性が高いものがあります。具体的には、土地や家屋などはその可能性が高い資産となります。これらの資産をお持ちの方はきちんとした相続対策を早くからしておくことをお勧めします。

土地や家屋が相続時トラブルになる可能性が高い理由とは 

土地や家屋は権利確定や利益確定をすることが必要なため、事前の相続準備なしでは相続時にトラブルになることがあります。
例えば、不動産は買い手がつかなければ、売却収入を得ることができません。しかしいつ買い手がつくかは誰にも予測がつきません。そのため、相場では一定の資産価値があったとしても、売れずにダラダラと残ることがあります。そうすると、ある程度の資産価値を見込んで相続したにもかかわらず、いつまで経っても処分することができず負担になってしまいます。また、不動産は所有者が所有権を他者との共有にしていたり持分のみしか持っていないことがあります。この場合は生前きちんと共有者と協議を進めておかないと、相続時他の共有者の承諾なしでは売却できないなどの問題が生じてしまいます。
このように土地や家屋は相続時トラブルになること多く、生前きちんとした対策が必要となります。 

不動産相続の対策のために。「サラス」の財産目録機能を使おう。 

不動産の相続には生前きちんとした対策が必要であることは述べましたが、具体的にどのような対策を進めていけば良いのでしょうか。
対策を進めるにあたって一番大事なことは自分の持っている資産がどんな資産かきちんと財産目録にして相続関係者に共有しておくことです。 
例えば、その不動産がどんなところにあるのか事前に周知することで、早くからその土地にゆかりのある不動産業者や司法書士の先生と関係性を築くことができます。そうすることで、処分したい時にスムーズな売却が可能となります。また、その不動産の所有者が一人なのか複数なのか事前に関係者へ共有しておくことも大事です。没後の処分をきちんと話し合っておくことで相続後余計なトラブルを防ぐことができます。
財産目録の登録にはオンライン相続支援サービス「サラス」を活用してみてください!このサービスの強みは他の相続支援サービスに比べて、相続対策初心者にもわかりやすく作られていることです。 使い方などでわからないことあればいつでもAIコンシェルジュに相談することができます。

〜「サラス」を使って不動産を財産目録に登録する方法〜

[1]サラスのメニューバーから財産目録へ飛びます。

※財産目録の不動産項目から不動産財産を登録できます。

[2]読み取り機能を使い財産の読み取りを行いましょう。不動産の資産登録の場合は、謄本や税金の通知書も一緒に登録しておくと便利です。

※読み取り機能がきちんと反映されているのを確認しましょう。特に金額と所在地はきちんと読み取れているか確認しましょう。

最後に

登録までわずか2ステップで楽々登録できます。また登録財産はPDFで一覧化することもできるため、オンライン上だけでなく紙として手元に保管しておくこともできます。不動産の資産を財産目録にして登録しておくことは今後の相続対策に大変役立つはずです。不動産は相続の際にトラブルになることが多いですが、きちんと事前に対策を取っておけば安心です。また一般的には価値のある資産となることが多いため、万全の対策をしておくことをお勧めします。「サラス」の財産目録で不動産資産を登録し、関係者へデータ共有して万全の終活をしましょう! 

* @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package saras */ ?>