厳選 厳選

喜寿を迎える親にしてあげたいこと7選


喜寿は、60歳の「還暦」、70歳の「古希」の次の節目となるお祝いとなります。人生の中でまたひとつ、節目を迎えることができることは、喜ばしいことと言えます。そして、その節目を迎えるのは、自分自身だけではありません。家族や友人たちも一緒に祝福することも多いでしょう。そこで今回は、喜寿を迎える親にしてあげたい7つのことをご紹介します。

喜寿とは

「喜寿(きじゅ)」は77歳のこと、または、その長寿を祝う風習を表します。「喜」の字を草書体で書くと「七十七」に見えることに由来しています。もともと喜寿のお祝いは、数え年で77歳を迎える年に行われていましたが、現代では、満年齢で77歳になる年に祝うことが多いようです。 今年令和6年(2024年)に喜寿を迎えるのは、数え年では昭和23年(1948年)生まれ、満年齢では昭和22年(1947年)生まれの方となります。

喜寿を迎える77歳とはどういう年?

喜寿を迎える77歳になると、一般的には以下のような特徴や状況が見られることが多いです。

定年退職後のセカンドライフ

多くの人が定年退職を経験し、第二の人生を送っている時期です。趣味や旅行、ボランティア活動など、自分が本当にやりたかったことを追求する時間が増えます。

孫やひ孫との触れ合い

子供たちが独立し、孫やひ孫がいる場合も多いでしょう。孫やひ孫と触れ合うことで、家族の絆を深めたり、自分の知識や経験を次世代に伝える機会が増えます。

健康管理の重要性

年齢とともに健康面での問題が出てくることが多く、健康管理がより重要になります。適度な運動やバランスの良い食事、ストレスの軽減などを心がけることで、健康的な日常生活を送ることが求められます。

人生の振り返りと遺産整理

この時期には、自分の人生を振り返ったり、遺産整理や遺言を考えることが増えます。家族や友人との思い出や、これまでの人生で学んだ教訓を整理し、次の世代に伝える準備をすることもあるでしょう。

自分の人生を振り返ることで、家族との絆を再確認する機会でもあり、自分自身や家族に感謝することができる特別な時期と言えます。

喜寿を迎える親にしてあげたいこと7選

それでは、77歳を迎える親にしてあげたいこと、おすすめの7つをご紹介します。

豪華なお祝い会を開く

喜寿を迎える親に感謝の気持ちを伝えるために、家族や親しい友人を招待してお祝い会を開きましょう。すてきなレストランやホテルでの食事、自宅でのアットホームなパーティーで、親の長寿を祝う。思い出深い、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。親のこれまでの経験談を聞くのもよいでしょう。

サプライズプレゼントを用意する

喜寿を迎える親に喜んでもらえるようなサプライズプレゼントを用意しましょう。思い出に残るプレゼントや趣味に関連したアイテム、孫やひ孫からの手作りのプレゼントなど、心のこもったプレゼントが喜ばれるでしょう。

家族写真を撮影する

喜寿を迎える親にとって、家族との絆は大切なもののひとつです。家族で集まりプロのカメラマンに家族写真を撮影してもらいましょう。その体験もプレゼントです。また、写真を額に入れてプレゼントすることで、家族の思い出をいつまでも大切にできます。

思い出の場所への旅行

親が喜寿を迎える記念に、家族で思い出の場所へ旅行してみましょう。親の故郷や、子供時代に家族で訪れた思い出の場所など、懐かしい場所で過ごす時間は家族にとっても楽しいひと時となるでしょう。

手紙やビデオメッセージを贈る

喜寿を迎える親に感謝の気持ちを伝える手紙やビデオメッセージを作成しましょう。家族や親しい友人からのメッセージを集め、それを一冊のアルバムやビデオにまとめることで、喜ばれるプレゼントとなります。これらのメッセージは、親がいつでも読み返したり、見返したりすることができ、心に残る思い出にもなります。

自分史を作る

親が過ごしてきた人生を振り返り、親の自分史を作成しましょう。家族で協力して、親のエピソードや思い出をまとめ、写真や手紙などを使ってビジュアル的にも豊かな本を作成すると小さいお子さんにも読みやすいです。自分史は親にとって大切な宝物となり、家族や友人との思い出を共有する良い機会となります。

健康とリラクゼーションを促すギフトを贈る

喜寿を迎える親にとって健康は気になることのひとつでしょう。マッサージチケット、温泉旅行など、リラクゼーションや健康に良いプレゼントを贈ってみましょう。親の体と心の健康を支えることで、これからの人生も楽しみながら過ごすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?喜寿を迎える親にしてあげたいこと7選をご紹介しました。日々の生活において、ちょっとした気遣いや優しさが、親の心を温かくしてくれることでしょう。そして、お互いに思いやりを持ち合わせることが、家族の絆を深めてくれることでしょう。喜寿を迎える親にとって、家族の存在はとても大切なものです。今回ご紹介した7つのことを、実践することで、親とのすてきな時間が過ごせることを願っています。