情報 情報

遺産分割がスムーズに終わるように 上手な遺言の残し方

今日の役立ち情報:公正証書遺言の書き方と見本 | ひかり相続手続きサポーター

遺言書作成マニュアル、幸せな相続のために「遺言書」を書きましょう。 「ウチは財産がないから大丈夫」と思っている方、相続争いは自宅の不動産+預金ぐらいの規模で …

遺産が1,000万円以下でも相続争いは起こる!
相続というと、親が残した莫大な財産をめぐって遺族の間で争いが起きる、というイメージがありますが、実は、相続の問題・争いは、親の遺産の額とは関係なく起きるのです。
家庭裁判所の調停や審判に持ち込まれ「遺産分割事件」になった、つまり遺族が遺産の分割を相談する「遺産分割協議」で合意ができずにもめて裁判になった例は、平成28年度は12,188件ありました。
これを財産の評価額別に見ると、「1千万円以下」のケースが33%、「5,000万円以下」が42%で、全体の75%は5,000万円以下の遺産相続で争いが起こっているのです。
一般的なケースでいうと、亡くなった人の遺産総額のうち、この金額までは非課税になりますよ、という相続税の基礎控除は、3,000万円+600万円×法定相続人の数と決められています。
配偶者と2人の子どもが相続人であれば3,000万+600万×3人=4,800万円を超えないと相続税はかかりません。
遺言書を書く方におすすめしたいのは、配偶者や子どもなどの相続人に、遺言書を書くことやその内容を教えておくことです。
遺言の内容を相続人に教えることができない場合は「付言事項」を活かして、なぜこのような内容の遺言にしたのか、あなたの真意を書くようにしましょう。
基本的には、亡くなった人の意思を尊重するため、遺言書の内容は優先されます。
「愛人に全財産をあげる」という遺言書を書かれてしまうと、残された家族は悲惨です。
民法では最低限相続できる財産を、遺留分として保証しているのです。
遺留分が保証されている相続人は、配偶者、子ども、父母です。
法定相続人の第3順位である兄弟は、遺留分を保証されていません。
付言事項を活用して、その理由や意思を書いて、相続人に伝えます。
気持ちを書くことは、最良の説得材料になります。
相続人のリストと財産内容を見ながら、遺言書を書く前に、遺言の内容を原稿用紙に書いて整理しましょう。
民法で定められている遺言の方式には、表のような種類があります。
「特別方式の遺言」とは、病気などで死が迫っているときや、飛行機が遭難して死が迫っているとき、伝染病で隔離されているときなど、特殊な場合だけに認められている遺言です。
「普通方式の遺言」には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があって、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ぜひ、オリジナル記事をご確認ください

公正証書遺言の書き方と見本 | ひかり相続手続きサポーター