情報 情報

相続放棄の手続きって?期限や手順を解説

今日の役立ち情報:相続放棄の手続き方法|申請期限や流れなど詳しく解説

相続放棄とは、一言で簡単に表すと「亡くなった人の残した財産全てを相続しない」ことです。 民法では、「初めから相続人とならなかったものとみなす」と表現されてい …

大原則として相続が発生したことを知ってから3ヶ月以内に手続きを開始しなければなりません。
被相続人が身近な方であっても、その人に借金があるかどうかなどの状況はすぐに把握できるものではありません。
自分が相続人になり、相続放棄の手続きをする必要がある場合、どのような書類が必要になるのか、ようなことを注意しなければならないのかを把握し、情報を集めておくとスムーズに手続きが開始できるでしょう。
相続放棄は書類が揃えばご自身で手続きをすることも可能です。
と思われるかもしれませんが、実際に戸籍を取得すると言ってもご自身の戸籍等謄本だけでなく、被相続人の戸籍謄本を取得する必要があります。
相続の順位によっては、戸籍謄本の取得は人によって1箇所に申請するだけでは済まず、全ての必要な戸籍謄本を取得するために大変時間を要する場合もあり、相続や戸籍について知識があったとしてもかなりの労力と時間を費やしてしまうかもしれません。
相続放棄の手続きをするということは、相続するべき財産の一切を相続しないということになりますので、負の財産だけでなくプラスの財産も全て相続しないということです。
そのため、相続放棄手続きをする際は、よく考えて手続きを開始する必要があります。
プラスの財産が多いと思うけれど、もしかしたらマイナスの財産があるかもしれない、などの場合で相続放棄をすることを迷う場合は限定承認という方法もあります
相続放棄をすべきか限定承認をすべきかの判断は、皆様の事情によると思いますので専門家に相談し、判断したほうがよいでしょう。
⑴)相続放棄を検討した方がいいケースとは?

ぜひ、オリジナル記事をご確認ください

相続放棄の手続き方法|申請期限や流れなど詳しく解説