情報 情報

遺言書はなぜ書くべきだと言われるのか?

今日の役立ち情報:もしものときのために用意しておきたい遺言書

遺言書の必要性. 相続が起きると、相続人は亡くなられた人(被相続人)の遺産を相続することになりますが、遺産を分割する手順の概要は以下の通りです。

相続が起きると、相続人は亡くなられた人の遺産を相続することになりますが、遺産を分割する手順の概要は以下の通りです。
遺言書がある場合には、原則、遺言書に従う
遺言書がない場合には、相続人全員による遺産分割協議に基づく
遺言書がなく相続人間の協議が進まない場合には、家庭裁判所の調停や審判に委ねる
遺言書がない場合には、遺産分割協議において、分割について相続人が全員で合意しなくてはなりません。
次の様に、相続人には合意するための作業負担が大きい場合があります。
子どもがいない夫婦で、相続人が配偶者と被相続人の兄弟姉妹になる場合
被相続人が元気なうちに、被相続人から贈与を受けていた相続人がいる場合
被相続人の財産の維持または増加に特別に寄与した相続人がいる場合  など
生前の被相続人に、相続に対し特別な思いがある場合があります。
以上のような場合でも、被相続人が遺言書を残していれば、原則、遺言書に基づいて分割することになります。
遺言書によって、相続人の負担は軽減されますし、被相続人の思いが実現されることになります。

ぜひ、オリジナル記事をご確認ください

もしものときのために用意しておきたい遺言書