厳選 厳選

契約の名義変更と解約の手続きの仕方を詳しく説明!本人死亡後のトラブルを未然に防ぐための対策

私たちの生活は契約によって成り立っている事が非常に多いです。

例えば、携帯電話も契約していますし、公共料金などのライフラインも同じく契約しています。

亡くなった後に締結した契約はどうなるのかご存じでしょうか?

この記事では契約の名義変更や取扱い方法について、解説していきます。

なぜ契約名義を変更しなければいけないのか  

契約名義の変更をしなければ、後々トラブルが起きることや本人の死亡後に手続きが複雑になることも考えられます。

契約が自動継続されてしまう  

各種サービスの契約は契約者本人の死亡後も継続されてしまい、料金も継続して発生してしまいます。 

ライフラインで必要な契約などは生前に解約することもできませんが、名義変更しても支障がないものは事前に名義変更しておくと、本人が亡くなった後の手続きをスムーズにできるため見直しておきましょう。

引き落としできなくなり超過料金の請求をされる  

本人の死亡後に口座が凍結されると引落ができなくなり、延滞金が加算されて超過請求がされてしまいます。

不正利用や防犯上の理由  

郵便物として請求書や振込書などが届く場合は、本人が不在になってしまうと郵便物がポストに溢れてしまい、空き巣の被害に遭いやすくなります。

クレジットカードなども利用者本人が亡くなった後に放置されていると気付かないまま不正利用されてしまうことがあるため、注意が必要です。

生前にできること  

生前のうちにできる手続きは済ませておくと、死後に遺された人が困ることも少なくなります。

ここからは、生前にやっておいた方が良いことを解説していきます。

各種契約内容をまとめておく  

ご自身が契約している内容を一覧にしておくと、死後にご家族が状況を把握しやすくなります。

新聞の契約といったように定期的に購入しているものなど、個人でそれぞれ違うため、連絡先をリスト化してあると非常に便利です。

事前に名義変更や解約をする  

生前のうちにできるのであれば、解約や名義変更をしておきましょう。

中にはライフラインなどで解約できないものもあるため、上記のように連絡先を一覧にすることや必要書類を揃えておくことで解約の時に手続きしやすくしておきましょう。

事前に把握しておくと良いもの  

実際本人の死亡後に解約しようとすると意外と必要な項目が多いです。

手続きをする時に困らないように、主に必要になってくる項目をまとめました。

氏名  

氏名の漢字がわからなかったり、間違えていたりすることが意外と多いです。

わかりやすいところに記録しておきましょう。

生年月日  

月日はわかっていても、何年生まれなのかわからないことが多く、実際の手続きの際に困る事が多いため、正確に西暦と和暦から把握できるように記録しておきましょう。

主な引落口座  

複数の口座をお持ちの方はご自身の口座を全て把握しやすいように、まとめて管理しておきましょう。

実際に遺された方が遺品などを整理する際に、通帳の場所がわからないことが多いです。

クレジットカード番号 

クレジットカードも複数持っている場合は、全てわかるようにしておくと死後の手続きが楽になります。

使用していないカードは生前に解約しておけば、不正利用のリスクも減るためオススメです。

故人が契約していたものの見つけ方  

亡くなった人の契約していた内容がわからないことには、解約や契約名義の変更ができません。

内容を把握するための方法をご紹介していきます。

郵便物  

契約者の住所に郵便物が届く場合は、郵便物を確認することで、契約している内容が分かります。

銀行引落内容の確認  

銀行引落している場合も、引落の内容で継続契約している内容がわかります。


クレジットカードの請求  

クレジットカードの請求からも毎月同じように請求されていれば、継続して利用していることがわかります。

その他の契約はどうなるのか  

例えば、賃貸借契約や自動車の保険など契約していることは多いですが、実際本人が亡くなった場合、契約はどうなるのでしょうか。

契約は相続人に引き継がれるのが原則  

一般的に契約事項は相続人に引き継がれるのが原則なため、賃貸借契約なども相続人に引き継がれていきます。

例えば、売買契約などの支払義務も引き継がれることになるため、代金が未払いの状態であれば、相続人に支払の義務が生じるため、注意しましょう。

一身に専属的な権利、義務は継承されない

一身に専属的な権利、義務とは被相続人だけが行使できる権利、履行できる義務です。

例えば、被相続人が特別な知識を持った先生で講師の契約をしていて亡くなってしまった場合、被相続人でないと履行できない義務となるため、相続人が講師をして義務を履行する必要はありません。

まとめ  

法律上、故人がしていた契約というのは、原則として相続人が引き継ぐことになっており、契約に対しての費用負担なども考えると生前に各種契約内容の見直しや解約は非常に大切な手続きの一つとなります。

終活は自分の余生を楽しく、悔いのないように過ごすためのものであると同時に、遺される家族に負担の少ないように取り組むものでもあります。

ご自身や家族のためにも、今している契約内容の見直しや整理をしておきましょう。

* @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package saras */ ?>