厳選 厳選

相続対策なら「サラス」の財産目録機能がおすすめ!簡単・正確・安心のセキュリティで万全の準備を!

財産目録とは

皆さんはもしものときのために財産一覧を作成していますか。 財産目録とは相続が起こった際に対象となる財産を一覧化したものです。 作成していないなら、早速今日から財産目録を作成しましょう。 財産目録を作成することで、いざというときのために万全の対策をとることができます。 
具体的なメリットとしては、一覧化しておくことで、遺産分割の際分割されるべき財産がすぐにわかります。また不要なトラブルを避けることもできます。例えば、財産を相続してみたら、思いのほか負債が多く、負担になってしまったなどのようなケースを避けることができます。 
このように財産目録を作成することは、円滑な相続対策のために必要なことです。 では作成する方法としてどのようなやり方があるのでしょうか。
財産目録を作成するには様々な方法があります。例としてエクセルを使用して作るなどです。しかし、今回はその中で最も手軽にかつ正確で見やすい目録を作成することができるサービス「サラス」の財産目録機能を紹介します。 

「サラス」が提供する財産目録機能の強みとは

サラスとはオンラインで相続対策が完結できるサービスです。 そしてその中の財産目録というサービスを使うことで作成することができます。 では一体、サラスで財産目録を作成するのはどんな強みがあるのでしょうか。 まず第一の強みは、データ共有ができることです。 例えば自分の家族とデータ共有することで、共有された家族が財産目録を確認できます。 メールアドレスをお持ちの方であれば、どなたでもそのメールアドレスと紐付けて、簡単に共有できます。 
次に第二の強みは、セキュリティ対策が万全なことです。 登録する財産データを権限のない人が編集することはできません。 権限のない人が無理に編集しようしても、顔認証システムによりログインさえもできない仕様となっております。 そのため、誰かに内容を書き換えられるなどの心配は全くなく使用することができます。 
最後に第三の強みは、全て自動でアップした画像を読み取ってくれるところです。 対象の財産をサーバーに上げて、読み取りのボタンを押すだけで画面上の文字を読み取ってくれるため、手間なく簡単に登録できます。 簡潔、正確にかつセキュリティ対策も万全なところが「サラス」の財産目録機能の強みです。 

実際財産目録を登録するまでの流れ

せっかくなので実際に財産を登録するまでの流れを見ていきましょう! 

①まず登録したい項目をタップします。 その後財産を撮影もしくはファイルから探してアップロードしましょう!

②アップロード後「読み取る」のボタンを押して財産の詳細を登録していきます。 

③このような手順で他の財産も登録していきます。 

たったこれだけの手順できちんとした財産目録ができます。 

「サラス」の財産目録機能を使えば、相続対策に必要な財産目録がすぐできます。早速このサービスを使い、万全な終活対策の一歩を踏み出しましょう! 

* @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package saras */ ?>